キェルケゴール 「死に至る病」

キェルケゴールの「死に至る病」というのは、この自己について書かれた本である。

テーマである「死に至る病」というのは「絶望」のことである。

この本は聖書をある程度読んでいないと理解不能である。少なくとも福音書を読んで、『なんだかよくわからないな』くらいの感想を持っていないと読めないだろう。この書物を難解だという人をよくみかけるのだが、難解なのではない。キリスト教や聖書を除外して哲学書として読むから読めないのである。キェルケゴール自身、これが哲学でも説教でもない中途半端なものであると断り書きをしている。

さて、「絶望」であるが、キェルケゴールのいう絶望とは、「自己が自己であろうとしないこと」である。自分が自分自身でないものになろうとすること。そして、キリスト教でいう「罪」とはそれだと言うのである。

さらに絶望にも段階があって、自己嫌悪のような簡単なものに始まって「悪魔の強情」ともいえるような「高度」なものであり、絶望できることはある意味優れた人間であるとも言えるなどと言っている。

だがやはり絶望は絶望であり、それを解決できるのは信仰しかない、というのである。

要するに「死に至る病」は「哲学を捨てて信仰しましょう」という話である。

優れた哲学者は、みんなこう言う。ソクラテスしかり、カントしかり、ヘーゲルしかり。「哲学によって真理を明らかにすることは不可能である」ということを理解するのが哲学のゴールである。

私が初めて「死に至る病」を読んだのは高校3年生の春である。みんながいよいよ本格的に受験勉強を始める頃である。私はどうしてもその気になれず、というか大学に行く理由も見つからず行きたい学部もなくぼーっとしていた時にこれを読み、2回ほど読み、何か悟ったような気になった。

「自己を見つめすぎてはいけない」というのとほとんど同じようなのだが、安易に自己から目をそらすのではないということ、わたしはこの頃にほとんど信仰を持ったと言ってもよい。

 

ポール・ヴァレリー 「ムッシュー・テスト」




「ムッシュー・テスト」
ポール・ヴァレリー  清水徹訳  岩波文庫

twitterでヴァレリーのbotをfollowしたら面白いので、ヴァレリーのものを何か読んでみようとジュンク堂へ行ったが、詩集と「・・・の危機」とかいうのしかなく、いまいち読む気がしなかった。

ある日新宿の紀伊国屋に行って(ハンズの横にあるやつ)、洋書コーナーのヴァレリーのところを探したら手ごろな厚さのものだったので選んだのが Monsieur Teste であった。
もちろん、歯がたたない。フランス語なんか、フランスギャルの歌詞くらいしか読んだことがない。

Monsieur Testeは邦題でなんというのか調べると、岩波文庫にあることがわかったのでジュンク堂で買ってきた。 

朝、喫茶店で2回、家で寝る前に一回、そして今日電車の中で読んだら読み終えた。
量としてはとても短い。
だが、久しぶりに読むに値する本を読んだと感じた。 

これはエッセイと小節と詩の要素を持ったもので、それらのどれとも限定できない。 

キーワードは、自己と支離滅裂。

透明というか、無意味というか、ストーリーのない、感情も意志もない、とらえどころのない文章である。

しかし、難解だとか、お高く止まってるとか、安易な権威批判とか感傷でもなく、非常に誠実な印象を受けた。

そう、誠実。
私が読書をするときに最も重視するもの。誠実さ。
それが、この作品にはある。

何を言わんとしているかは掴みきれてはいない。
そして多分、これは掴んだと感じたら読めていないという類のものだと思う。

「テスト」というのは、英語の testify にあたるもののようだ。試験のtestではなくて。

「安易なもの、簡単なものが嫌いで、難解なものを求めた」というようなことを言っているのだが、それは「そんなに簡単に言い切れない」という意味であって、決してよくあるような小難しい理屈を述べたり人と違うことだけを競うようなものではない。

ニーチェ、カフカ、村上春樹、太宰治、トーマスマン、などには誠実さを感じない。三島には感じる。誠実さとはバカらしさとほとんど同じである。こいつバカじゃないの、と言わせるような、滑稽とほとんど区別のつかないものである。

それが honnêt homme か。

お気に入りの映画



デッドマン(ジムジャームッシュ)


Stranger than paradise


coffee and cigarettes


HANA-BI


砂の器(野村芳太郎監督)


ヤングガン(1)


どですかでん


どん底(黒澤明)


夜の終わりに(アンジェイ・ワイダ)


8 1/2


竜二


仁義なき戦い広島死闘篇

ミスチル

Mr.Childrenのアルバムで聴いたのは、 Versus Atomic Heart 深海 シフクノオト iPhoneにはいっていたのはシフクノオトのみである。 シフクノオトは、店でCDを買った。 ミスチルはイノセントワールドで一躍有名になったが、 私は...