里見弴 「文章の話」

里見とんの作品は読んだことがない。古本屋の店頭に置いてあった岩波文庫を買った。どうやら小学生向けに書かれたもののようだ。それにしてはちょっと難しいのではないかと思った。語り口は饒舌だが、なんというか、老人くさいというか、古臭いというか、昭和12年ごろ書かれたものだから仕方がないかもしれないが、なんだか生活臭がするような人間臭い文章である。

自分が文章を書く上で、何か新しいことが読めたわけではないが、一人の作家が文章とは何か、言葉とは何かということをまとまったものに表現したものには興味があった。だから本書は文章どうこうよりも、里見とんという人について書かれているものとして読んだ。


陰影礼賛

谷崎潤一郎 この随筆は名作だと頭の中にあったのだが、内容をまったくと言っていいほど覚えていなかった。 読んでみると、忘れていたというより、明らかに読んでいない。 厠の話が出てくるが、こんな話を読んでいたら絶対に忘れないはずだ。 陰影礼賛は、たしか高校生の国語の授...