スキップしてメイン コンテンツに移動

「戦争と平和」 (11) 第三巻 第三編

モスクワがナポレオンの手中に落ちて、略奪や火災が起こり、人々が逃げ出す。ロストフ家も避難を始め、その途上で負傷したアンドレイ公爵と偶然出会う。ピエールはナポレオンを暗殺しようという考えを抱き始めるが、火災の中で子供を助けた後、放火犯の疑いでフランス軍に捕らえられる。

この作品は各編の最後に盛り上がるシーンがあって、退屈させない。計算ずくなのだろうか?