西村賢太 「暗渠の宿」

つづいて、「暗渠の宿」という作品を読んだ。 

女と同棲する話だが、やっぱり藤沢清造の話が出てくる。 というか、それが話の中心になっている。部屋の中に、墓標をいれるガラスケースまで作ってしまう。

これほどまでに、一人の人を尊敬できるものだろうか。 これはもはや「学者」ではないか。

ピエール瀧

ピエール瀧がコカイン使用で逮捕された。 そのことを知ったのはtwitterであったが、コカインという名詞にちょっと驚いたが、 ピエール瀧がコカインをやっていた、ということについてはなぜか、 「やっぱりな」と感じた。 電気グルーヴという名前は知ってはいたが、その音楽は聴...