村上龍 「五分後の世界」

幻冬舎文庫。

ある場所である人が好きな本としてあげていて、タイトルにちょっと興味を持って読んでみた。

よくわからない小説だった。

分類するならSFであろう。

日本が降伏しないまま戦争を続けた世界に主人公が迷い込むという話だ。

まず、そういう話であることがわかるまでが長い。

描かれている世界はいわば異次元の世界なので、現実感がなく、想像もむずかしい。


村上龍の作品は「限りなく透明に近いブルー」しか読んだことがない。

「ブルー」はおもしろく読んだ覚えがあるが、「五分後」を読んで、「こんな文体だっけ?」と感じた。

なんだか語彙が貧弱で文体もストーリーも退屈というかとらえどころがない。


何故「五分後」なのか、それにどんな意味があるのかは最後まで読んでもよくわからなかった。

陰影礼賛

谷崎潤一郎 この随筆は名作だと頭の中にあったのだが、内容をまったくと言っていいほど覚えていなかった。 読んでみると、忘れていたというより、明らかに読んでいない。 厠の話が出てくるが、こんな話を読んでいたら絶対に忘れないはずだ。 陰影礼賛は、たしか高校生の国語の授...